コードリーディング: aws/aws-lambda-go

おおまかな動きを知るために、ざっとコードリーディング。

コマンド一発で WSL のファイルをエクスプローラーで開く

WSL の画像ファイルや PDF ファイルを GUI で確認したいとき、Windows のアプリケーションからコマンド一発で開けないかと思い、ファイルパスを変換する関数を書いた。
Windows のアプリケーションのコマンドに渡す前に、ファイルのパスを変換して渡してあげれば、一発になる。一応。

以下の関数を定義し

function to_winpath() {
  wsl_path=`powershell.exe -Command 'echo ($env:LOCALAPPDATA + "\lxss")' | tr -d '\r'`

  abs_path=`readlink -f $1`
  internal_path=${abs_path//\//\\}

  echo "${wsl_path}${internal_path}"
}

次のように、コマンドに渡してあげればいい。このコマンドではエクスプローラーで PDF ファイルを開いている。

$ explorer.exe `to_winpath sample.pdf`

しかし、タイプが増えるので面倒。

C# で Hello world

using System;

namespace HelloWorld
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            Console.WriteLine("Hello, world");
        }
    }
}

VimのVundleでプラグインを管理する

NeoBundle.vim から dein.vim に移行している最中ですが、Vundle.vim しか使えない環境もあり、改めて手順におこしておく。

1. Vundle.vim をローカルにコピーする

$ git clone http://github.com/gmarik/vundle.git ~/.vim/bundle/vundle

2. vimrc に Vundle.vim の設定を追加する

"
" Vundle.vim
"
set nocompatible              " be iMproved, required
filetype off                  " required

set rtp+=~/.vim/bundle/vundle/
call vundle#begin()

Plugin 'VundleVim/Vundle.vim'

call vundle#end()            " required
filetype plugin indent on    " required

3. プラグインをインストールする

vim を起動して、 :PluginInstall を実行する。

nginx モジュール開発するにあたって(config編)

まずconfigに関する情報集め。

include ファイルや外部ライブラリがなければ、以下の内容で十分。

ngx_module_type=HTTP
ngx_module_name=ngx_http_foobar_module
ngx_module_srcs="$ngx_addon_dir/ngx_http_foobar_module.c"

. auto/module

ngx_addon_name=$ngx_module_name

青春18きっぷで東京から小倉まで

品川を始発で出発して、小倉まで。 青春18きっぷで初の長旅だったけれど、途中で休憩できたり、意外と疲れなく行けた。

ansible で vagrant の開発環境を構築する (準備)

ansible で vagrant の環境を構築するための準備。

実行環境

$ sw_vers
ProductName:    Mac OS X
ProductVersion: 10.11.1
BuildVersion:   15B42
$ vagrant --version
Vagrant 1.7.4
$ ansible --version
ansible 1.9.4
  configured module search path = None

ansible をインストール

brew install ansible

環境設定

  • inventory file
ansible_ssh_private_key_file=~/.vagrant.d/insecure_private_key
127.0.0.1 ansible_ssh_port=2222 ansible_ssh_private_key_file=.vagrant/machines/default/virtualbox/private_key ansible_ssh_user=vagrant

接続確認

inventory file をファイル名 hosts として保存する。

$ ansible -i ./hosts 127.0.0.1 -m ping
127.0.0.1 | success >> {
    "changed": false,
    "ping": "pong"
}

参考

ssh の設定でつまづきましたが、こちらが参考になりました! Vagrant + Ansible